検索
  • gosso_teradacho

シャンプーの油分

こんにちは(^O^)


今日はシャンプーに含まれる油分について書いていきます。



「トリートメントは分かるけど、シャンプーでもそんなに油分が残ってしまうの?」って思んですが実際、髪に多く浸透しているのは、「シャンプー剤の中の油分(主にシリコン)」です!



シャンプーって本来は、

「汚れや油分を落とすだけのモノ」なので、洗った後は油分が取れてキシキシするはずです。



実は、昔のシャンプーはこんな感じだったんです。昔はみんな今ほどカラーしてなかったので多少キシ付いてもなんとかなりました。



しかしカラーリングをみんながするようになってから、「キシんで、手触りが悪いカラー毛をしっとり洗い上げる」という目的でシャンプーに大量の油分(シリコン)が入る様になってきたんです。



いつも使っているシャンプーが、洗った後に、「かなりしっとりなめらかになっている」こんなフィーリングだと、油分が多く入りすぎていて、ちょっと危険です。



このタイプのシャンプーで毎日洗ってしまうと、洗えば洗うほど油分の被膜が強く張られて、パーマをかける時やカラーにも影響がでます。



「もう少ししっとりさせたいな」っていう時は、洗い流さないトリートメントをほんの少し付けたらいいと思います。

このタイプは髪の内部に浸透しないので安心です!



「シャンプートリートメントでのしっとりさせ過ぎ」注意です!


ヘアケアのお悩みもいつでもご相談下さい!









0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SAVVY